成長企業がやっている戦略的決算対策をこっそり公開!

決算対策って節税のこと?

決算対策=節税ではありません。

成長する企業はどんな決算対策をやっていると思いますか?

税金を払いたくないから経費を増やして節税?

会計事務所に言われた通りの節税をやることが一番いい?

残念ながら、どちらも間違いです。

成長する企業にとって最も重要なことは、資金調達です。

資金調達は金融機関から行うことがほとんどですよね。

金融機関から融資を円滑に受けるために必要なことは、格付けを正常先にすること。

つまり、利益を出してお金を残し、銀行の評価を上げることです。

利益が出ると税理士から節税を勧められるけど、それって税金を減らしてお金が残るから勧めてくるんじゃないの?

税理士や会計事務所と関わっている社長は多いと思います。

決算前に利益が出そうなことがわかると、会計事務所の職員や税理士から、節税を勧められていませんか?

そしてそれがいいことだと信じて、なんとか節税しようとしていませんか?

税理士の言われるとおりに経費を増やして節税して税金は減らすことができたけど、通帳のお金は増えてないのは、なぜ?と思ったことはありませんか?

利益は出ているけど、運転資金が足りなくて、銀行から追加融資してもらわないといけなくなった。利益が出ているのにどうしてお金は足りないんだろう、税理士が付いているのに、お金の流れがわからない…と思ったことはありませんか?

ここで一旦立ち止まって考えてみましょう。

なぜ節税したいのでしょうか?

税金を払いたくないから?

お金を残したいから?

あなたはどちらですか?

お金を使う節税は、結局自社のお金を減らしているだけ。本当にお金を残す方法は…

今回ご提供する戦略的決算対策は、単に税金を払いたくないからという理由で決算対策をご希望される方は、ご覧いただいても参考にならないと思います。

利益、そしてお金を残し、将来の投資ややりたいことの原資を作りたい方、金融機関とよりいい関係を築きたい方向けに作成いたしました。

節税の全てが悪ではありません。

利益を減らさず、お金も減らさず、税金そのものだけを減らす方法もあります。

ある会社では、利益が出ているのにお金が残っておらず、社長はその理由がわかっていませんでした。決算書を見せていただいて紐解いていくと原因が判明。その原因は、なんと税理士が勧めてきた節税対策だったのです。それをやめていただいただけで、利益が500万円増加し、お金も年間で600万円増加したということがあります。

なぜ節税したいのか。節税した結果どうなるのか。

ここがわからないまま節税すると、せっかく利益が出たのに自分で自分の首を絞めることになりかねません。

たとえ税理士が勧めてきた節税対策によって経営状況が悪化しても、責任をとるのは経営者です。

税理士に任せているから大丈夫、という税理士依存はここで終わりにしましょう。

そういう想いのある、ここまで読んでくださったあなたにこそ、この事例集を手にしていただきたいです。

私が銀行と会計事務所に勤めた10年以上の経験と実績を基に、ほんの一部ですが、戦略的決算対策事例集を作成しております。

税理士や会計事務所の職員の意見に左右されることなく、ご自身の会社のビジョン実現に向けた通過点としての最高の決算を社長自らの意思で作れるように、一人でも多くご支援したいという想いです。

1月31日まで、限定無料配信でございますので、すぐにお申し込みください。

自社の実像を税理士任せにせず、社長主導で創り上げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です