リープパートナーズの信条

私は、以下のビジョン、ミッション、カンパニースピリッツ、クレドを持って、クライアントの成長・発展に貢献し、クライアントのビジョン実現に向けて誠心誠意、全力でサポートしていきます。


           ≪ビジョン≫

偽善の柵(しがらみ)を打破して、自分自身が実現すること追求して、
自分の時間を理想の未来を創るために使い切る

常識の枠を超えることで新たな可能性が生まれます。

常識は、偽善の柵です。

何か問題が起きると、その規制をしようと法律ができます。それによって経済活動が抑制されてしまっては、事業努力もなにもできません。

経営をしている方に問いたい。

何を実現したくて経営しているのか。

その実現したい世界は、どんな仲間が必要なのか。

どういう想いのある仲間とともに仕事をしたいのか。

目的を共有することで組織の力は何倍にもなります。
表面的な問題解決では、届きようもありません。

偽善の柵なんて打ち破って、目的を共有する仲間とともに実現したい世界を追求することが事業を経営する上で最も重要であることです。

そして、子どもたちに資産を残す日本を創り出します。

1.クライアントの理想の未来実現
①経営者の目標達成を全力でサポートする
②自走する環境を作るため、パートナーであり続ける

2.教育
①子どもたちにお金の授業
②次世代の経営者育成
③三方善しの社会の実現

           ≪ミッション≫

クライアントの理想の未来を創造する場の提供

私と関わっていただいたことにより、クライアントの理想の未来に向かっていくお手伝いをしていきます。

そして、その理想の未来は近い未来だけでなく、遠い未来まで描いて逆算して戦略的に経営を進めていきます。

出口をどうするか、自分の生き方を決めることはとても重要です。重要ですが、そこまで考えて戦略を決めている人は多くありません。今考える自分の生き方を決めて、迷いなく人生の選択をする生き方を支援します。


         ≪カンパニースピリッツ≫

多面的な視点で経営者の「やりたい!」をサポートする

経営において、やりたいことをやり続けることが理想の状態だと思います。

やりたいことをやろうとすると、熱中するあまり、視野が狭くなりがちです。

客観的に全体を俯瞰する視野をもつことで、盲点に気づくことがあります。

全体を冷静に俯瞰できる多面的な視点で、意思決定のサポートをしていきます。

            ≪クレド≫

1.クライアントのお困りごとTOP3を言語化して、解決に向けた具体的行動がとれるように行動への意味付けを明確に行います。

2.私は、前を見て、前向きに日々前進します。その活力と楽しさのエネルギーは、私が関わる全ての人たちにプラス思考のスパイラルを引き起こし、相乗効果を発揮して、あらゆる夢を実現させます。

3.私は、日頃からデータや数字て語ることを習慣とします。漠然とした表現は相手との間に認識のズレをもたらし、生産性を下げるリスクがあることを知っています。


          ≪セルフイメージ≫

クールに燃える 経営者のフォローランナー

客観的・俯瞰した視点で会社の現状分析を徹底して行い、課題の本質をつかんで解決していき、経営者のやりたいことの実現速度を加速していきます。