歯科医師 K・I様 (愛知県)

伏見さんにはコロナ渦の中、この先経営がどのようになるか不安な中、融資を確保するというところを中心に助けて頂きました。

私の顧問会計事務所では、追加融資のお手伝いをしてもらうには有料で、収入が減っているところにさらにお金がかかることから自力で挑戦する必要があり、自分でそのような書面を作成したことがない私には不安でしかありませんでした。

伏見様なそんな私に細かいところまで丁寧に教えて頂き、十分すぎる融資を受けることができました。お陰様で心に余裕ができ、コロナ渦の中でも次の手を打つために大胆な行動がとれています。

I歯科医院 院長 (埼玉県)

サポートしていただき何より助かりましたのは、心の安心感を得られたことが一番大きいこと、と思います。

実際、緊急事態宣言以降の運転資金の減少スピードを目の当たりにすると、 もし何も融資を受けていない場合おそらくスタッフへの給与や、賞与までも 検討しないとならないというような、かなりシビアな判断を迫られていただろうことは容易に想像できます。

それが、もちろんいつ収束するのかという不安はありますが、十分に運転資金を準備しているだけで こうも安心して診療に当たれるというのは、本当にありがたさを実感しています。

また、融資を受ける際の手順や借入額に関しても的確にアドバイスいただき、 何も迷うことなくスムーズに事を進めることができまして大変助かりました。 おかげさまで、アフターコロナを見据えてこれからも地域医療に貢献していけると思います。

O歯科医院 院長 (広島県)

この度、伏見さんに相談をお願いしたのは、ちょうどコロナ第1波の真っただ中。とにかく出口の見えない不安な状況が続いていたころに、伏見さんと知り合いました。

感染の恐怖と戦いながら、院内での患者対応、スタッフ対応、またスタッフの労働条件、今後の経営、感染防護対策と、日々コロナに関する情報が変化する中で、迅速に方向に誤らないようにかじ取りしていかなければならない状況で、とてもではないですが、自分一人では何をしたらいいのか迷い戸惑い、時間だけは過ぎていくという状態でした。

伏見さんに相談させていただき、まずは最優先でやるべきことを提示していただきました。

この方向に進めばいいのだとやるべきことが明確になったことで、暗闇に一筋光が差したという状態になりました。

ある程度最優先のタスクが完了した段階で、今度はじっくり医院の問題点など、お話をしていただけました。

まずやるべきことは「これをしたほうがいい」など、的確に指示をしていただけたのですが、自分が迷っていることなどは、なぜ迷っているのか、なぜなのか?ということを深くまでヒアリングしていただき、自分の本当の想いがクリアになるまで、不安な気持ちにも優しく受け入れてもらいながら、親身に相談に乗ってくれました。

結果的に不安なことがあればとにかく相談をしていたので、(毎日のように質問を答えてもらっていたと思います。)つらい時期もただただ悩むという時間はなく、やるべきことをクリアな頭の状態で進むことができました。

先日チェアも1台増設し、医院もよい方向に進んでおります。

コーチング体験者の声

◎中小企業診断士 今井 祐司 様

私は小規模ながら一経営者として自社の経営を取り仕切っております。ご存知の通り、経営というのは選択の連続ですので、日々新しい選択が生じ、それが解決すると次の選択が湧いてきます。選択を誤るということはすなわち経営はんだんを誤ることに他なりませんから、誰にでも易々と相談する訳にもいきません。

そんな折、伏見さんにお困りごとを聞いていただく機会を得ました。伏見さんの第一印象は「クールな人」でしたが、話を聞いていただいているうちに、そのクールさ故に物事を冷静かつ客観的に判断してくださっていることが分かりました。

また、一人で考えているときには考えもつかない自分には無い全く異なる視点から、遠慮なくズバッと切り込んで来るところも伏見さんの持ち味であり、経営判断の迷いを払拭してくれました。

経営者の方で身近にお困りごとを相談する良き参謀がいらっしゃらない方は、是非一度伏見さんのコーチングを受けられることをお勧めします。きっと今まで判断に迷っていたことが嘘のように、晴れやかな気持ちで前に向かっていけると思います。

==================================

◎税理士 小野澤 寿一 様

伏見さんのコーチングを受けて。私のお困りごとのタイトルは「財務」についてでした。特に借入金の返済のタイミングについて悩んでいました。

伏見さんのコーチングは、「なぜこのタイトルですか?」から始まり、現状の確認(手元にすぐ使えるお金を取っておきたい)、「なぜ手元に?」「手元にいくらあったら安心ですか?」「具体的には何か月分の固定費が現金預金としてストックされていたら安心ですか?」この時点で答えが出ました…。早かったです。

このあと、簡単に振り返りをしていただき終了。シンプルな財務基準ですが、この時できたこの基準は今後も使っていきたいです。

伏見さんのコーチングを受けて、「なぜ・・・?」という問いかけが多かったと思いました。クライアントとして、この「なぜ・・・?」に答えながら頭の中が整理できました

併せて、私のことを理解してもらえる感があり、安心して話をさせてもらえました。

==================================